【感想】映画「マスカレードホテル」を観るつもりなら予告は見ちゃダメ!

東野圭吾原作&豪華キャストで話題の映画「マスカレードホテル」を観てきました。

(本当は「アクアマン」が観たかったんだけど、近所の映画館で吹替えしかやってなかったので諦めた;)

タイトルにもありますが、この映画を観る前に予告は絶対に見ないほうがいいです。

なぜかというと、勘のいい人なら序盤で犯人が分かってしまうからです(-ω-;)

サスペンス映画の中には古畑○三郎のような犯人が分かっている状態で観る話もありますが、本作はそういった話ではありません。

素直に映画を楽しみたいという方はこの記事にもリンクは貼っていますが、映画を観る直前などに予告をみないことをお勧めします!

それでは映画のみどころや、感想などをまとめていきたいと思います。

※この記事であらすじ以外のネタばれはありません。

映画「マスカレードホテル」

ジャンル ミステリー
上映年月 2019年1月
監督 鈴木 雅之
出演者 木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎、鶴見辰吾、石橋凌

東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。
数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。
立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。

映画のみどころ

映画のみどころはなんといってもセット&出演俳優の豪華さ!!
映画を観ていて、めっちゃセット豪華だな!まるで本物のホテルみたい!
なんて思っていたのですが、調べてみたところ実際のホテル(ロイヤルパークホテル東京)で撮影されたそうです(^ω^;)
原作でモデルとなっているホテルなので、映像化する今回はここ以外で撮影する意味がないですよね。
また、三○幸喜作品?と思うほど有名な俳優さんが沢山出ています。
そして、この俳優さん使ってこの出演時間ですか・・・というもったいない感じ…。

さんまを探せ

私も映画の直前に知ったのですが、映画内に「明石家さんま」さんが友情出演で出ているとのこと。
しかも台詞もないので、見つけられない人も多いとか…。そういう事聞くと見つけたくなりますよね。映画を観た方は是非さがしてみてください♪
出演シーンについて公式では発表されていませんが、ネットでは答えらしきものが出回ってるので、鑑賞後に答え合わせも出来ますよ。
ベルメゾンネット

観た感想は?

出演者の豪華さ、東野圭吾原作ということで、注目度の高かった本作ですが、正直なところ、とてもつまらなかったです(-_-;)

今回感想を書く際に他の方のレビューもいくつか見たのですが、おおむね高評価だったのが不思議なくらい…(めちゃくちゃ失礼)

役者の無駄遣い

出演者の豪華さでも話題となったこの映画ですが、私の感想はとにかく役者の無駄遣い。
予告をぼんやり流し見しかしていなかった私は「パーティー(仮面舞踏会?)が開かれてそこに招待された人の中に犯人が混ざっている」っていうストーリーなのかなって勝手に想像していました。
ですが、実際のストーリーは「予告された次の殺人現場がホテルで、犯人疑惑の人はホテルの従業員または宿泊客。」という内容です。
チェックインからチェックアウトまで長く出演する人もいれば、チェックアウトする瞬間にちょっと触れるだけの1~2分しか出演しない人も沢山いて、さすがに1~2分しか出演しない人を犯人と疑うには無理があるし、だったらその配役は話題作りのための無駄遣いでしょ…と思ってしまいました。

キムタク苦手な人には向いてない

映画の主役である木村拓哉さん。どんな役を演じても『キムタク』だとよく言われていますが、この映画もまさにそうでした。
原作を読んでいないので、原作通りのキャラ設定なのか分からないのですが、破天荒な刑事といってもいい歳してポケットから手を出すように注意される刑事いるの?という感じ。
また、これってキムタクを引き立てるために足された演出?と疑ってしまうシーンがいくつかあって、それ位キムタクの存在が浮いてました。
でも、一緒に観た人はそこまで感じなかったらしいので、もともと苦手だったり、木村拓哉さんの演技に先入観みたいなものを持っている自分がそう感じただけだったのかな?とも思います。

最後に

実際のホテルを使って撮影されているので、

・セットが豪華

・出演者が豪華

・音楽もいい感じ

だけど、なんか面白くない…。とにかく淡々とストーリーが進んで行って「いつ面白くなるんだろう…」と思いながらみていました( ̄▽ ̄;)

脚本が悪いのか演出が悪いのか…。今まで東野圭吾さんの本はいくつか読んだ事があるけど「面白くない」という感想をもったことがないので、逆に原作を読んでみたくなりました(笑)

個人的にはあまりお勧め出来ない映画ですが、見どころもありますし、キムタクの大ファンとかなら面白いと思えるかも?興味を持たれた方は一度観てみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事