記憶にございません

脚本・監督を三谷幸喜さんがつとめる新作映画「記憶にございません」が上映開始されたので、さっそく映画館へ♪

三谷作品は「マジックアワー」「素敵な金縛り」と個人的に面白い映画が続いているので、今作も予告を観た時から期待していました。

おすすめ
笑い
ストーリー
キャスト

思わず笑っちゃうシーンも沢山あって面白かったよ

映画「記憶にございません」

ジャンル コメディ
上映年月 2019年9月
脚本/監督 三谷幸喜
出演者 中井貴一、ディーン・フジオカ、小池栄子、草刈正雄、佐藤浩市、石田ゆり子

<STORY>
病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。
一切の記憶がない。
こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。
演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。
そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。
そして石を投げつけられるほどに……すさまじく国民に嫌われている!!!

部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。
「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。
国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれています。
総理の記憶喪失はトップシークレット、我々だけの秘密です」
真実を知るのは、秘書官3名のみ。

進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議場の場所、
自分の息子の名前すら分からない総理。
記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、
記憶にない愛人にホテルで迫られる。
どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。
そしてよりによってこんな時に、米国大統領が来訪!

他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、
記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!
果たしてその先に待っていたものとは……!?

映画のみどころ

三谷作品らしい、爆笑とまではいかないけど思わずクスクス笑っちゃうような場面と、豪華なキャストがみどころです。

ストーリーにあわせて笑わせてくる

「主人公が記憶喪失になる。」というとそれまでですが、この映画ではそこを上手くつかって笑う要素を詰め込んでいます。

秘書官以外には記憶喪失であることを秘密にしている訳ですから、いつも通り振る舞わなければならない。だけど、その「いつも通り」が分からない。

自分が家に帰ったら何をしていたのか?家族の名前は?など、そういう部分のドタバタが面白かったです。

真面目にふざけてるように見えて、笑っちゃった

毎度おなじみ豪華キャスト

「三谷作品=コメディ」と同じくらい「三谷作品=豪華キャスト」という印象ありますよね?

今作でも、三谷作品ではおなじみの役者さんはもちろん、それ以上に脇を固めている役者さんが沢山。

キャストに関する情報が全くない状態で観たんですが鑑賞中に「え、この人も出てるの?」って驚いたし、「何度も映るこの人はだれなんだろ?見覚えあるような無いような・・・」状態の人はエンドロールでビックリしたりと、今作もなかなかの豪華キャストでした。

それだけ沢山の人が出てきますが、「マスカレードホテル」のような無駄遣いという感じもありませんでした。

真田丸で顔を覚えた藤本さん・迫田さんも出てたよ♪

観た感想は?

クスクス笑っちゃうような場面や、思わずニヤニヤしてしまうところなど、終始楽しく鑑賞できました。

ストーリー展開がしっかりしていて、映画というよりはドラマのような印象でしたね。

かといって内容が薄い訳ではなく、結構みごたえあったので「2時間ドラマで良かったんじゃない?」という思いはなかったです。

最後に

思わず笑ってしまうような場面や、「え?そうだったの?」という展開など、純粋に面白かったです。

笑いが序盤に集中していて、後半は真面目な部分が多めになって間延びして感じる部分もありましたが、鑑賞後はよくまとまっていたと満足出来る内容でした。

VOD配信やテレビ放送を待つのもありかもしれませんが、映画館で観る値打ちは充分にある映画だと思うので、興味がある方はぜひ映画館に観に行ってみて下さいね。

おすすめの記事