ダメージヘアに効く!お手軽ケア3選

あなたの髪は長い?短い?髪の毛は傷んでいませんか?

私が通勤する時に見かける女性。

お尻のあたりまである、とても髪の長い女性なんですが

とにかくダメージがヒドい。

見た感じ肩から下の髪はパサパサのチリチリで、

髪を伸ばしてる事が逆効果すぎる状態なんです。

私も肩にかかる位の髪の長さなんですが、自分自身を振り返った時に、

あの人ほどヒドくはないけど、自分の髪も大概パサパサだな~と思いました。

そこで、色々調べたところ「トリートメントの後に蒸しタオル~」とか、

「トリートメントの後にシャワーキャップをかぶってお風呂に浸かる~」とか、

一手間必要だったり、普段シャワー派の私にはハードルの高い手順が多くて…。

そんな中でも、簡単で実際に効果のあった手順をご紹介したいと思います。

 

ブラッシング&予洗い

髪を洗う前に目の粗い櫛で、髪全体を梳かしましょう。

ここで先に梳かすことで、シャンプーの時にかかるダメージ&抜け毛の量も減ります。

そして予洗い。

この予洗いだけ汚れの60%ほどは流れるそうです。

また、髪だけでなく頭皮にも水をたっぷり含ませる事でシャンプーの泡立ちが良くなり、

髪や頭皮に与えるダメージも減ります。

 

シャンプーの前にリンス

ブラッシング後の予洗いの前に行いましょう。

「髪を濡らす前にリンス⁉」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

先にリンスをする事で髪がコーティングされ、シャンプーの際のダメージが減るらしいです。

私は面倒でトリートメントを毎日していないので、

今日はトリートメントしようかな~という気分になった日にしています(笑)

 

シャンプーをする時に意識すること

毛の流れに沿って洗うようにしましょう。

といっても、私は予洗いで60%落ちてるなら…と手櫛で頭全体をなでるようにだけ洗っていたら、

乾燥のせいか汚れのせいかフケが出てしまったので、今は毛の流れを整えつつ普通に洗っています。

また、シャンプーを洗い流す前に頭皮マッサージをしましょう。

爪を立てず、指に力を入れ過ぎないように頭皮をクイクイ動かすイメージです。

私自身、髪が減ったというか細くなってきた自覚があるのですが、

髪が細くなるのは睡眠不足やホルモンバランスの乱れの他に、

「頭皮の血流が悪い」という理由があります。

頭皮マッサージで血流を良くする事で、未来の薄毛を予防出来るかもしれません。

 

おまけ

今すぐ出来るとは言えないのですが特におススメなのが寝る時のケアです。

人は1度の睡眠で約20回寝返りをうつそうですが、摩擦は髪に大きなダメージを与えます。

寝返りだけではなく髪が布団に広がり、自分の体で踏んでしまったりね(;^ω^)

摩擦軽減にお勧めなのが、シルク製の枕カバーもしくはナイトキャップです。

私はナイトキャップを持っていますが、髪の収納が下手なのか、

起きた時に型がついてしまう事があるので、枕カバー購入を検討中です。

枕カバーを使用する際も髪の毛が長い場合はゴムの跡が付きにくいスプリングヘアゴム

などで髪をひとまとめにして寝るようにしましょう。

 

最後に

実際に私がやってみてCMに出てきそうなほど…とまではいきませんが、

傷んだ髪に改善がみられた方法のご紹介です。

髪は第一印象を大きく左右するといっても過言ではないと思うので、

ずぼらな私でも実践出来ている手順、ぜひお試し下さい。

おすすめの記事