【体験談】日商簿記検定で2級と3級をW受験した話

こんにちは、はちこです(*'▽')

今回は私が日商簿記検定の2級と3級をW受験をした時の体験談や、試験の難易度について書いていこうと思います。

なぜ試験を受けようと思ったか

私が受験したのは、第142回(平成28年2月28日)ですが、元々『経理』という言葉は知っていても、経理事務自体がどういう仕事をするのか全く知りませんでした。当時は大手通信会社に派遣社員で勤めていたのですが、自分の将来についてすごく悩んでいました。「35歳過ぎたら一気に派遣の紹介も減るっていうし、働いていたっていつ切られるか分からない」と、このまま派遣社員で続けていいのか…。かといって、派遣社員で経験を重ねれば重ねるほど「正社員になるのは難しいんじゃないか」という気持ちもありました。
派遣社員で仕事をし続けるにしても、何か特別なスキルを持っている訳じゃないし、いつまでも「事務経験あり」というぼんやりした肩書きだけで35歳過ぎた後に仕事があるんだろうか…と悩んでいたのです。

そうして悩んでいた頃に、同じ派遣社員で経理業務をしている子と仲良くなり、その時に初めて経理事務という仕事を具体的に知る事になったのです。
数字を扱うのも苦じゃないし、求人を見てもある程度需要のある職業だと思ったので、自分のスキルアップの為に受験を決意しました。

関連記事:一般事務以外に条件プラスαで求人の幅を広げよう



日商簿記検定とは?

日商簿記検定(にっしょうぼきけんてい)とは、商工会議所法(昭和28年法律第143号)第9条第9号の規定に基づき日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験(商工会議所検定試験)のうち、簿記に関する技能を検定するものを指す。正式名称は「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」である。

 

簿記検定には初級・3~1級とあります。3級以上から履歴書に書けるレベルとなりますが、求人情報を見た感じでは強みになるのは2級以上です。また、1級に合格すると、税理士試験の受験資格がもらえます。

試験を受けるには

2級と3級の試験は2月・6月・11月の年3回、1級の試験は6月・11月の年2回行われており、各自治体の商工会議所で申し込みます。

申し込み期間は試験日の約2ヶ月前~1ヶ月前ですが試験日によって異なりますので、受験を決めた際は事前に調べるようにしましょう。

<受験料について>

1級 2級 3級
7,710円 4,630円 2,800円

1級・3級の試験は午前中、2級の試験は午後に実施されますので、2級と3級を同日に受ける事が可能です。

合格率について

過去5回の試験の情報から計算した平均合格率

1級 2級 3級
9.7% 25.7% 45.6%

当然の事ですが毎回試験内容は異なりますので、合格率は大きく変動します。3級の場合だと、合格率が「50.9%」の時もあれば「34.2%」しかない試験もあります。

勉強方法と一番苦労したこと

私が簿記試験を受けようと思った理由の一つに、独学でも合格は可能だと言われていた事です。

今と変わらずあまりお金がなかったので、通信講座やスクールに通うというのは考えていませんでした。色々調べた結果、自分の頑張り次第で2級までは独学でも合格が可能だという情報を見たので、市販のテキストを買って独学で勉強することにしました。

勉強するにあたって一番問題だったのは、ズバリ『自分のヤル気』です。「明日やろうは馬鹿野郎」なんて言葉もありますが、全くそのまんま…馬鹿野郎でした(笑)平日は仕事で疲れてるし…と言い訳してやらない。週末になっても、「来週やろう」と遊んでしまったり。

さすがに試験まで2ヶ月を切った頃から焦りだし、慌てて勉強したのを覚えています( ̄▽ ̄;)

また、その時おなじように仕事関連で勉強をしていた姉が「図書館行こう」とよく週末に連れ出してくれたのでラスト2ヶ月は勉強する事が出来たというのもあります。家で勉強しようとすると誘惑が多すぎるので、外に出て勉強するしかないという状況に持ち込む事は重要だと痛感しました。

試験の結果と感想

試験2ヶ月前に本腰を入れて勉強し出した私ですが、試験結果は3級合格・2級不合格でした。2級に受からなかった理由はただ1つ!勉強時間が足りませんでした(笑)

ようやく3級の勉強を一通り終えて、2級に取り掛かった時には試験まで1ヶ月を切っていました。2級に関しては一通りテキストに目は通しましたが、応用や過去問まで手が回らず、試験を受ける前からほぼ無理だろうなと覚悟していた位です(-_-;)

案の定、2級の試験は全体の4割ほどしか解答欄を埋める事が出来ず退出許可が出ると同時に帰りました。

実際に勉強・試験を経験した結果、独学での簿記検定2級・3級合格は本人のヤル気に大いに左右されますが、十分可能だと思います。

3級に関していえば勘定項目の暗記がメインなので、週末のみの勉強でも2ヶ月(1ヶ目でテキスト読破、2ヶ月目で過去問)で合格出来る難易度くらい。

同時受験も(2級勉強のため)期間の確保が必要ですが、3級で学んだ事が2級でも必要なので間をあけずに勉強する方がお勧めです。

簿記検定は求人需要に対して資金面・難易度ともにハードルが低いので、現在スキルアップを考えている方はぜひ受験を検討してみて下さい。

おすすめの記事