短時間でも立派な朝活、1時間早起きのススメ

早起きするのは得意ですか?

私は朝が苦手というよりは寝るのが好きなので、準備する時間を削って少しでも長く眠りたいという考えでした。

そうしてずーっと慌ただしい朝を過ごしてきた私ですが、そんなギリギリの朝生活から卒業しました。

実際に朝起きる時間を早くしたことで、予想以上にやってよかったと思える部分が多かったので、私が早起き生活を開始してからの変化をご紹介します。

早起き実践前のギリギリ朝生活

私の自宅出発時刻は朝の8時。早起き実践前のタイムスケジュールはこんな感じでした。

<6:45~7:20>

アラーム始動するもスヌーズでめちゃくちゃ粘る

<7:20~7:30>

トイレ&洗顔など

<7:30~7:55>

化粧&着替え

<7:55~8:00>

コーヒーでパンを流し込むように朝食を食べて即出勤

起きてから家を出るまで40分という過密なタイムスケジュールをこなしていました。

もともとの時間設定がとにかくギリギリなので、着る服に悩んだり、探し物をした時の焦り具合はハンパなかったです。

早起きを決意したきっかけ

TVで朝活の存在と朝活を実際にしてる人を見て「すごいな~」と思っても、「そんな時間があるなら寝ていたいし、自分には無理だな」と早々に諦めていました。

というのも、私が見た朝活は出勤前に登山やジョギングなど、早起き+運動というのが多くて、寝るのが好きで体を動かすのが嫌いな私にはとてもハードルの高いものだったからです。

かといって今までのギリギリの朝生活は良くないなと考えていたところ、この際起きる時間を早くしてみよう!と思う出来事が2つありました。

  • 新年の目標をたてたかった
  • 朝マスクを使いたかった

「年末の間に新年の目標を100個考えて次の大晦日にいくつ達成出来たか確認する」というやり方を知ってから、「いいな」と思ったものの結局やらずに年明けを迎えてしまった為、100個には届かなくても目標をたてないといけないと思っていたのです。

また、12月に親戚間で開いたクリスマスで予算上限3,000円のプレゼント交換会をしたのですが、3歳男児を除けば参加者がすべて女性だったのでプレゼントは自然と美容系のものが多くなりました。そこで姉に回ってきたのが朝マスクだったのです。

普段からずぼらなスキンケアしかしていない私も、朝マスクが話題になっている事は知っていましたが普段の準備時間では朝マスクなんてする暇ないしなぁと思って手を出さずにいました。

姉に使用感を聞いてみたところ、「目は覚めそうだけど自分の肌にはあわないから使うんだったらあげるよ」と言うので、この際だから朝起きる時間を早くする習慣をつけて使ってみようかなと考えるようになりました。

そんな些細な出来事が重なって、朝起きる時間を見直してみようと決意したのです。

ベルメゾンネット

何時に起きるか逆算して決める

次に考えたのが、早起きといっても何時に起きるかという事。

私は睡眠時間が7時間以下になると睡眠不足を感じて仕事にも支障が出てしまうので、睡眠時間を7~8時間は確保した上で逆算して寝る時間と起きる時間の総合で決める事にしました。

普段の就寝時間は大体11時30分~遅い日は1時30分頃。TVで見た朝活の起床時間(4時、5時)に起きようと思ったら8時、9時に寝なくてはいけません。

それはどう考えても現実的ではないので、遅くても11時には寝るようにすれば6時起きは可能かな?と考えて起きる時間を6時に、今までと比べて約1時間30分早く起きるという事に決めました。

早起き実践後の朝生活

実際に6時に起きると決めてからのタイムスケジュール

<5:45~6:05>

アラーム始動後スヌーズで粘る

<6:05~6:25>

しばしボーっとしながら朝マスク

その後、トイレ&歯磨きなど

<6:25~7:00>

化粧&着替え

<7:00~7:45>

朝活タイム

<7:45~8:00>

TVで天気予報をチェックしつつ朝食後、余裕をもって出勤。

時間に余裕が出来たせいか、早起き前よりひとつひとつの動作が若干のんびりになっています。
早起き前は常に焦りながらの準備だったので、そうしてのんびり出来る時間も新鮮だし心に余裕があるっていいなとしみじみ感じました。

早起きするようになって良かったこと

早起きするようになって、私が朝活にとれる時間は45分ほど。時間だけ聞くと「そんな時間で何が出来るの?」と思いますよね。

だけど、朝の45分って意外と出来ちゃいます。

私が主にやっているのは、3つ。

  1. 月曜日に先週の目標を見直して、今週の目標をたてる
  2. アクセス解析をチェックしつつ、ブログを書く
  3. 読書

45分という短い時間ですが、「さぁ、書こうかな」という土日の午前中よりも朝の方がスムーズに作業に入れるし、短時間の割に作業も進みます。

気分がのらない時は無理せず読書をしたり、スマホゲームやTwitterを眺めたりしています。

まとめ

早起きを始める前は、朝活って2~3時間確保しないと意味ないんじゃないの?と思っていたし、初日は「早起きしたところで45分しか時間ないやん」とガッカリしていました。

だけど、時間がない分サボる暇もない事を無意識に理解しているのか、時間がたっぷりある中で漠然と作業に入ろうとするよりも他の事に気を取られる事なく集中して取り組む事が出来ます。

また、ギリギリのドタバタ出勤だった以前は、

・信号待ち

・並んで走る自転車

・混んでいる駐輪場

など些細な事でイライラしてしまったりしていたのですが、余裕をもって家を出る事が出来るようになってからはそんな事もなくなりました。

今では早く起きる(早めに寝る)習慣を意識するようになって、本当に良かったと思っています。

同じように朝はギリギリまで寝て短時間で準備をしている方はダマされたと思って、短時間でもいいので早起きに挑戦してみて下さい。

 

 

おすすめの記事